個人で出来るちょっと個性的な副業

前々から気になっていたのですが、いろんな雑誌や広告についているクロスワードパズル。見た瞬間は「わ~面倒くさそう~」と思いながらも、ついつい解き始めてしまうのです。自分で分からなくなると、誰かに聞いてみます。このクロスワードパズルって、さぞかし物知りですごい先生が作っているんだろう…と思っていましたが、普通のパズル作り好きな方にとって簡単な副業なのだそうです。

でも、クロスワードパズルと言っても大きさが様々です。すぐとける小さいマスから大きなマス、またはその内容の専門性によって、報酬は1つ3000円くらいから20000円くらいまであるそうです。早い人は3分で作れて、月単位にすると10万円近い金額を稼ぐ凄腕の方がいると聞きました。その人にとっては簡単な副業ですが、解く我々にとっては本当に難しいものなのが面白いです。

それから、同じようなもので間違い探しも新聞や雑誌によく載っていますね。これも本当によく出来ていて感心すると同時に、どんな人が作っているのかな~とたまに思うことがありました。これも、専門の方だけではとても数が間に合わないので、普通の個人の方が簡単な副業としてされているそうです。この間違い探しはクロスワードよりも内容が子供向きなほのぼのとしたものが多いので、お年寄りにも楽しめます。実際、最近売られている脳トレの雑誌にもお正月のかるたとりの風景や、ピクニックを題材にした可愛らしい間違い探しがありました。また、写真を使った新しいタイプのもので、たくさんの飴の中から金太郎飴を探すもの、可愛いぬいぐるみの中から指定の動物を探すもの、などの間違い探しも出てきていて、これからの高齢化の時代に必要になってくるクイズだと思われます。

こういうちょっと個性的な副業は、どこかで求人があるというものではなくて、パズルを専門に扱う雑誌に作品を募集するコーナーがあって、そこで実力を認められてから、作品作りの依頼があることが多いようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ