簡単な副業として投資をするなら知っておくべきこと

ネット時代に相応しい簡単な副業と言えば、ずばりオンライン投資。今やパソコンやスマートフォンがあれば気軽に投資ができる時代だからこそ、簡単な副業をお探しの方は投資に取り組んでみるべきです。2013年から日経平均は右肩上がり。アベノミクスと言われる金融緩和の影響を受けて、今後も日経平均は上がり続けると見込まれています。日本の名のしれたエコノミストのほとんどが、今もっとも効率のよい簡単な副業として金融投資を挙げている所以です。いくら副業をしても日銭数千円の儲けしか稼げませんが、投資ならばもっとたくさんのお金を稼ぐことが可能です。もちろん投資にはリスクがつきものですから、逆に大損してしまう可能性もあるわけで、そのことは決して看過してはならぬのですが、この点に関しては上手く運用すれば避けられるものであります。以下ではそのことについてご説明差し上げたいと思います。

右肩上がりが見込まれる市場であるからこそ、エントリーは買いの一点です。好況な相場に売りで望めば破産するのは当然です。投資格言に「買いは家まで、売りは命まで」などという言葉があるように、売りで被る損は買いより大きく傾向があります。なぜなら、株価の下限は有限ですが、上限は無限だからです。信用取引などを用い株を売り、もしも相場が逆行してしまったときなどは、みるみるうちに損失が膨らむことにもなりかねません。世界経済の先行きは怪しいですが、金融緩和を続ける日本経済は株価だけは上がっていくと予想されますので、くれぐれも気軽に売らないようアドバイスしておきます。

しかし、買いの一点張りだからといって、いつでも買えばいいというわけではありません。相場が上がりきったときに買うのは愚の骨頂なのです。相場は小さな局面では上がったり下がったりを繰り返します。小さな山と谷を作りながら、全体としては上昇カーブを描くのです。そのため、狙うべきは谷での買いです。相場が沈み込んだ時に安く買うことを心がけましょう。そうすることが、この市況にあって最も賢い簡単な副業です。以上のことを気をつけて、計画的に投資してみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ